管理職の転職。転職エージェント・ヘッドハンターどっちがおすすめ?

[最終更新日]2020/02/05

お役立ち情報
5
転職エージェントヘッドハンターどちらがおすすめ?

近年は転職市場も活発となり、管理職の転職もよく見られるようになってきました。一昔前までは「引き抜き」など人脈を活かした方法が主流でしたが、今では転職サービスを使った転職が一般的です。

転職サービスと一口に言ってもその仕組みは様々で、自分で企業を検索し応募する「転職エージェント」型もあれば、登録した応募者へと企業がオファーする「ヘッドハンター」型のサービスもあります

今回はそれぞれの違いやメリットと注意点、そしておすすめのサービスについてご紹介します。

<スポンサーリンク>



Index

目次

転職エージェントとヘッドハンターの違い

転職エージェントとヘッドハンター、なんとなく違うところはわかる気がするけれど、具体的にどんな仕組みなのかは、利用者でないとわかりづらいと思われます。

そこでまずは、それぞれの転職サービスがどのような仕組みであるかについてご説明します。




転職エージェントとは

転職エージェントとは以下のような仕組みです。

転職エージェントのしくみ

転職エージェントは各企業の求人情報を保有しており、転職希望者(図:あなた)と面談等行い、マッチする企業を転職希望者へと紹介する仕組みです。

例えば転職サービス登録後に面談があり、その際に転職希望者は自分の希望を伝えることで、エージェントが要望に合った求人や向いているのではと思った求人を紹介してくれるようなイメージです。

紹介された企業の中から良いと思った企業に応募し、選考を受けるという流れになります。

また専任のキャリアアドバイザーから応募にあたってのアドバイスを受けられることが多いです。例えば履歴書や職務経歴書の書き方、面接での受け答え、企業の傾向などの相談に乗ってくれます。

基本的に転職希望者の利用料は無料となっています。転職サービスは企業へと優秀な人材を紹介することで、求人を出した企業から「紹介料」をもらうことができるという仕組みになっているからです。




ヘッドハンターとは

ヘッドハンティング:優秀な人材を引き抜き斡旋する手法の1つ
ヘッドハンター:ヘッドハンティングをする人

ヘッドハンター型の転職サービスは、企業側から転職希望者へとオファーする手法です。仕組みは以下のようになっています。

ヘッドハンターのしくみ

まず転職希望者がヘッドハンター型の転職サービスに登録し、転職希望者の情報を企業へと紹介します。
企業側がぜひ欲しいと思った転職希望者を選択し、転職サービスがその転職希望者を企業へと紹介するといった仕組みになります。

ヘッドハンター型の転職サービスは転職エージェント型とは異なり、転職活動におけるアドバイス(書類のチェックや面談対策等)が受けられない場合も多々見られます。

一方で企業側からの独占オファーを持っていたりと、自分は気づいていなかったような優良企業と出会えることもあります。

転職エージェントのメリット・注意点

転職エージェントは転職希望者から企業へと応募することが特徴であることをご紹介しました。それではまず転職エージェント型の転職サービスにはどのようなメリットがあり、どのような注意点があるのかについてご説明します。




転職エージェントはこんな方におすすめ(転職エージェントのメリット)

面接や書類作成のアドバイスがほしいスケジュール・年収等、条件交渉を代行してほしい

面接や書類作成へのアドバイスが欲しい

転職の際に不安となるものの1つが面接と書類作成ではないでしょうか?普段面接をする側であり、書類に目を通す側であったものの、いざ自分が書いてみるとなると難しいと感じる方もいらっしゃると思われます。

転職エージェントは今まで蓄積したノウハウを元にアドバイスをくれるので、心強い味方となるでしょう。また転職エージェントは企業の欲しい人材を把握しているため、企業が何を重視しているのかなどの情報も持っています。こうした情報を教えてくれることも、内定獲得にぐっと近づくことができるポイントです。



スケジュールや年収等の条件調整を代わりにやってほしい

管理職の転職となると、年収など条件面で企業と交渉することも多々あります。しかし「どのタイミングで交渉できるのだろう」「交渉すると不利になるのではないか」といった不安もありますよね。

転職エージェントのサービスであれば、自分の代わりに企業と条件面の交渉をしてもらうことができます。なかなか年収などは言いづらい項目ですが、転職エージェントから交渉してもらえれば気が楽になります。また条件面だけでなく、面接スケジュールや入社日の調整もやってもらうことができます。




転職エージェントの注意点

転職の際にはとても便利な転職エージェントですが、注意点もあります。

電話や面談でのやりとりで時間を割かれるエージェントとの相性によっては進めづらいことも


電話や面談のやり取りで時間を割かれる

転職エージェントは手厚いサポートがメリットではありますが、逆にシンプルな対応で良い方にとっては時間を割かれて面倒だと感じるかもしれません。

例えば面談の前には「どんなことを面談でアピールする予定か」などを確認され、面談後には「面談の感触はどうだったか」などについて電話で聞かれることが多いです。

また転職希望者の希望する条件を知るために定期的に面談をする場合もあるので、自分の力で進めたい方にとってはわずらわしく感じる可能性があります。



エージェントとの相性によっては進めづらいこともある

自分を担当する転職エージェントは基本的にこちらが選ぶことはできません。

そのため価値観や背景が自分とは異なるエージェントであった場合、思うように希望を汲み取ってもらえず自分とマッチする企業を紹介してもらえない可能性があります。リスクヘッジとして複数の転職エージェント型サービスを利用する方が多いです。

ヘッドハンターのメリット・注意点

ヘッドハンター型の転職は企業側から転職希望者へと応募するところが特徴であることをご説明しました。それではヘッドハンター型の転職サービスにはどのようなメリットがあり、どのような注意点があるのかについてご紹介します。




ヘッドハンターはこんな方におすすめ(ヘッドハンターのメリット)

収入・キャリアアップがしたい強みを活かしつつ良い求人を探したい

収入アップ・キャリアップがしたい

転職エージェント型の場合、前職の方が条件は良かったということもしばしばありますが、ヘッドハンター型は企業が人材を選択し来てほしいと応募するというスタンスのため、基本的に待遇が悪くなってしまうことはありません。また転職希望者は企業とほぼ同じ立場なので交渉しやすいというメリットもあります。

さらにヘッドハンター型は転職エージェント型と比較してハイクラス転職を多く扱っています。管理職などある程度キャリアもスキルもある方にとっては、ヘッドハンター型を試してみることもおすすめです。



自分の強みを活かして、良い求人に出会える可能性を増やしたい

ヘッドハンター型は、企業にアピールできるほどの、ある程度のキャリアやスキルを必要とする転職方法です。

その分自分のキャリアやスキルに自信がある方にとっては、たくさんの優良企業から一気にオファーがくる可能性もあります。転職エージェント型も複数企業に応募はできますが、ヘッドハンター型であれば「脈あり」の企業からしか来ないので、効率よく転職活動ができます。

また多くのヘッドハンターは、あなたの経験や実績を確認した上で新たなキャリアパスやキャリアビジョンを提示してくれることも少なくありません。
そして、その気づきは新たな「自身の強み」として、良い求人に出会える確率を高めることができるのです。




ヘッドハンターの注意点

メリットもあるヘッドハンター型の転職サービスですが、以下のような注意が必要です。

細かい条件を確認するヘッドハンターの信頼性


細かい条件を確認する

ヘッドハンター型は転職エージェント型ほどサポートが手厚くないことが多々あります。
そのためしっかり自分で細かい条件を確認しなければなりません。オファーがたくさん来ると思わず舞い上がってしまいますが、冷静に労働条件を見直しましょう。以下のポイントには特に注意です。

  • 給与・年収
  • 役職
  • 仕事内容

もしも納得のいく条件でない場合、面接の際に交渉しましょう。



ヘッドハンターの信頼性

ヘッドハンター型は転職エージェント型ほど名の知られていないサービスも多々あり、自分から調べる、登録する等はしていないのに、そういったサービスから急に声を掛けられるということもあります。

その場合はしっかり信用できる転職サービスであるかを確認しましょう。どこのヘッドハンター型転職サービスを使えばいいかわからない方は、本記事で紹介している転職サービスを利用することをおすすめします。

管理職におすすめの転職エージェント/ヘッドハンターサービス

転職エージェント型転職サービス、ヘッドハンター型転職サービスをそれぞれご紹介しました。「それでは実際に利用してみよう!」と思って検索してみると、数が多すぎてどれを選べばいいかわからない方も多数いらっしゃると思います。そこでおすすめの転職サービスとその特徴についてご紹介します。




おすすめの転職エージェントサービス

JACリクルートメント

JACリクルートメント。30~50代で後悔しない転職を

JACリクルートメントはロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、ハイキャリア・高収入の転職ではナンバーワンの実績を誇っています。ハイキャリア案件に特化しているため、管理職の方にとっては使いやすい転職サービスです。

JACリクルートメントでしか扱っていないハイキャリア案件も多数あり、ハイキャリア紹介系の転職サービスのかなではかなり多くの案件を扱っています。またハイキャリアへの転職を成功させるため、専門性を持ったコンサルタントが多く、質の高いアドバイスをもらえることで好評を得ています。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ハイクラス&ミドル世代の転職者へのサポートに強く、更にグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数!

親身かつ実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高く、「キャリアアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービスです!



パソナキャリア

パソナキャリア。転職成功で年収20%アップ

パソナキャリアは元々人材派遣事業を行っていた株式会社パソナが転職事業として設立した転職サービスです。

「正しい就職、正しい転職、正しい再就職」を企業理念として運営しており、企業の利益優先よりも、転職活動者のことを第一に考えることが徹底されています。そのためパソナキャリアの手厚いサポートは利用した転職者の評判・満足度が非常に高いという結果も出ています。

管理職などのハイキャリアにも対応しており、業界・業種別と言うカテゴリーに「エグゼクティブ」という分類があり、ハイクラス向けの求人を探すことも可能です。

丁寧なサポートを希望する方にはパソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

キャリアアドバイザーの品質が高く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
特に女性転職者・地方転職者からの評判が高く、じっくりとサポート・アドバイスを受けたい転職者にもおすすめです。



dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ。年収1000万円以上の求人と非公開求人

dodaエグゼクティブは国内トップクラスの求人数と実績・評判を誇る、最大手転職エージェントのひとつです。
非公開求人数の多さが特徴で、その数は常時全国の求人情報の8~9割程とされています。その分管理職向けのハイクラス求人がある確率も高いと言えます。

また転職サイト×転職エージェントでの手厚いフォローを得意としており、キャリアアドバイザーとチャットでやり取りすることもできるなど、手早く転職活動を進めていきたい方におすすめの転職サービスです。

面接対策はもちろん、企業ごとの好まれるタイプの人材や面接の受け答えについてのアドバイスを受けることもできます。

ハイクラス転職に挑戦してみたいけれども手厚いサポートがほしい方におすすめです。

dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ

国内最大級の転職サービスdodaが手掛ける、ハイクラス向け転職支援サービス。
実績豊富な歴戦のキャリアアドバイザーが、他の転職サイトには表示されない非公開求人や、年収1000万円以上のレア求人を紹介し、転職活動をしっかり支援してくれます。




おすすめのヘッドハンターサービス

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

キャリアカーバー。妥協しない仕事選びに

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は、転職サービス最大手のリクルートキャリア株式会社が、年収800万円以上のハイクラス転職に特化したサービスです

ヘッドハンター型のサービスを展開しているのが特徴であり、まず登録者はスキルや経験・希望条件等について、転職エージェントと面談をします。

それらの内容をまとめたレジュメが匿名で公開され、レジュメを見て興味を持った企業からエージェント経由でスカウトされるという流れになります。

年収800万円以上と明確に決められているため、管理職のキャリアアップに使いやすい転職サービスです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。



Bizreach(ビズリーチ)

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

ビズリーチは年収600万円以上のハイキャリア層をターゲットとし、ヘッドハンティングの仕組みに特化した転職サービスです。

有料・無料の2種類のプランに分かれており、無料プランはヘッドハンティングを基本的に待つ、有料プランはエージェントへの相談や自分から求人の検索・応募ができる仕組みとなっています。

有料プランの中でもハイクラス会員になると年収1,000万円以上の求人に応募できるため、1,000万円以上の年収を求める役員クラスの管理職の方におすすめです。

ビズリーチは平均して1日に30件、多い方は80件ものスカウトメールが来るとされており、中長期的に就職活動を進めていきたい方なら、無料プランで十分だと思われます。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)

TVCMでもおなじみの、BIZREACH(ビズリーチ)は、国内最大級のヘッドハンティング型転職サービス

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流のヘッドハンターたちが、皆さんの転職活動を強力に支援してくれます!

まとめ)各メリットを上手く組み合わせるのがおすすめ

転職エージェント型転職サービスとヘッドハンター型転職サービス、どちらの方が良いかは一概には言えません。どちらもメリットもあれば注意点もあります。

実際によく見かける活用法としては、どちらのサービスも利用する方法です。基本的に転職サービスは保有する案件に違いがあるため、複数登録することをおすすめします。

したがって転職エージェント型もヘッドハンター型も両方登録することで、互いの弱い部分を補い合うことができます。各メリットを上手く組み合わせ、転職を成功させましょう!




おすすめ記事

特集・管理職がキャリアに行き詰まったら

こんなお悩みはありませんか?

  • 今のままキャリアを積んで行くべきか迷っている
  • もっと活躍できる場所がある気がする
  • 転職するか、今の会社に留まるかどうするべき?

満足できるキャリアパスを見つけるためのヒントをご紹介します。

>> 詳しく見る

<スポンサーリンク>