3月の朝礼ネタ

[最終更新日]2020/02/17

お役立ち情報
15
3月の朝礼ネタ

徐々に春の暖かさが感じられるようになる3月は、そのタイミングだからこそ話しておきたいスピーチネタがたくさんあります。
季節の変化とともに仕事の環境も変わりやすい3月だからこそ、有益なスピーチを行って社員を鼓舞することがおすすめされるでしょう。

こちらでは3月だからこそ話しておきたいスピーチネタと、実際に人前で話すときのポイントをご紹介します。
3月に話すスピーチに悩んでいるときは、こちらで使えるネタを確認してみてください。

<スポンサーリンク>



Index

目次

急いでいる方は気になるネタを押してください。

朝礼のネタ:桜の木の下には、何が埋まっている?

皆さんは、「桜の木の下には死体が埋まっている」という話を聞いたことがあるでしょうか。
桜といえば美しくて華やかな花であり、3月にはお花見で楽しむという人も多いかもしれません。
しかし、そんなイメージとは裏腹に、桜の木の下には死体が埋まっているという話は多くの場所で語られる都市伝説のようになっています。
それではどうして、桜に対してそのような話が生まれたのでしょうか。

桜の木の下には死体が埋まっているという話は、大正時代から昭和初期に活躍した小説家である梶井基次郎の「櫻の樹の下には」という小説が元になっていると言われています。

この小説は桜の美しさに不安を感じる主人公が、その美しさの対極にある死体が木の下に埋まっていると想像することで、自らの心を落ち着けるという内容です。

ただ美しいだけでなく、そこにある桜の暗部をわずかなページ数で描いた、作者の代表作のひとつになっています。

この小説を読んでみると、桜に対してのイメージや感想が、少し変わってくるかもしれません。
実際に私も読んでみましたが、新しい視点を得たような、発見を共有したような気持ちになれましたね。

江戸時代に入るまで、日本ではすぐに散ってしまう桜に対して不吉な感想を持つことも多かったそうです。
庭に植えると縁起が悪いとも言われていたようで、今のように手放しで褒められる花ではなかったことがわかります。

もちろん実際の桜には死体が埋まっていることはありませんし、すでに桜は多くの人の心を引き寄せる人気の花です。
しかし、そんな桜にも不遇の時代があったことをこの機会に知って、改めて桜をじっくりと眺めてみるのもいいでしょう。

朝礼スピーチのコツ)「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる」を伝える前に、知っておきたい梶井基次郎について

スピーチのネタに特定の起源や発祥を採用する場合には、時間をかけた入念なリサーチが必要となります。
間違った知識はスピーチの完成度を損なうだけでなく、嘘が広まってしまうきっかけにもなってしまうのです。

死後その評価が徐々に高まり、現代でも「櫻の樹の下には」「檸檬」「Kの昇天」などによって近代文学の人気作家という立ち位置にいます。
どの作品も短編小説となっているので、スピーチを機会に実際に読んだり、社内でおすすめしたりするのもいいでしょう。

小説などの芸術作品をネタにするときは、その作者について知っておくとより話に広がりを持たせられます。
作者の生い立ちや他の作品が別のスピーチのネタになることもあるので、なるべく詳細までチェックすることがコツです。

朝礼のネタ:効果的な花粉症対策は?

3月になると花粉症に悩まされる人も増えますよね。

花粉症で鼻水が止まらなくなったり、目が痒くてしかたなかったりといった症状は、本当に辛いことだと思います。
しかし花粉症は、対策を取ることで多少その辛さを軽減できる可能性があるのです。

たとえばマスクの着用は、花粉の付着を軽減する手段としておすすめされています。
日本医科大学耳鼻咽喉科の大久保公裕教授によると、マスクを着用することで鼻の粘膜に付着する花粉が1/3になるそうです。
花粉症専用のマスクだと1/6まで抑えられるので、マスクをすることが外出時の辛さを軽減することになるでしょう。

他にも、家に入る前に服に着いた花粉を払い落とすのもポイントになります。
室内に花粉を持ち込まないようにすることで、自宅での症状を抑えやすくなるのです。
髪や顔、喉に着いた花粉を効率良く落とすために、帰宅したらすぐうがいをしたりシャワーを浴びたりするのもおすすめの対処法になります。

これらの対策を取ることで、花粉による辛さをある程度軽くできることがあります。
まずは自分でできる範囲で構わないので、これらの対策を始めてみてはいかがでしょうか。

朝礼スピーチのコツ)健康や特定の疾病・身体症状に関わる情報は、慎重に扱おう

スピーチのネタに特定の疾病や症状を採用する場合には、他のネタよりも慎重に取り扱う必要があります。
情報の真偽を確かめて嘘やデマを流さないように注意し、疾病や症状に関する正しい知識を与えるように意識しましょう。
具体的に情報源を提示したり、専門家の名前を挙げたりして話の根拠を明確にするのがコツです。

また、スピーチの内容によってはその病気の話を聞きたくないと感じる人がいる可能性もあります。
事前に社員のリサーチを行い、疾病や身体症状をネタにすることで誰かを傷つけることのないようにしましょう。
不健康な人を名指しして指摘したり、反面教師のように扱って注目させる手法もNGです。

健康や病気のネタはデリケートな話題になるので、何度も構成を確認してトラブルにならないことを確認してください。

朝礼のネタ:ホワイトデーは何倍返し? 意外なお返しは?

3月のイベントといえば、ホワイトデーがありますね。

バレンタインをもらった人たちは、もう何をお返しするのか考えていますか。
Yahoo!ショッピングが行った調査によると、多くの人がホワイトデーに3倍以上のお返しを期待しているようです。
相手によく思われたい、評価をあげたいと考える場合には、3〜4倍程度のプレゼントがおすすめされるでしょう。

そんなにたくさんのコストをかけられないという人は、「気持ち」をプラスしてその分を埋め合わせるのがコツです。

私は以前にディズニーランドのチケットを、ホワイトデーのお返しに渡したことがあります。
ギフトとして購入するディズニーチケットには、事前に用意されているメッセージを記入することができます。

そこには「Happy White Day!」もあるので、ディズニー好きにメッセージを添えてプレゼントしたところ「こんなの知らなかった!」ととても喜んでもらえました。

暖かくなったばかりの時期でしたので、さっそく次の休みの日に出かけて楽しんでもらえたようです。
その後も相手からディズニーランドのお土産をもらって、良い関係を継続することができましたね。

ちょっとしたメッセージなどを気持ちとして添えることで、印象は大きく変わることがあります。
お返しを決めるときは単純な金額だけでなく、特別な気持ちを追加してみることも大切なのです。

ホワイトデーは貴重なコミュニケーションのきっかけでもあるので、どんなものを返すと良いのかを一度真剣に考えてみましょう。

朝礼スピーチのコツ)体験エピソードを伝えるときは、「臨場感」を意識して

臨場感!

スピーチの中に自分の体験を織り混ぜるときは、聴き手がイメージしやすくなるような臨場感を意識するのがコツです。

たとえばそのときの相手のセリフや口ぶりをマネたり、時期や風景を描写したりすることで、聴き手は実際に起きた事実であることを受け止めやすくなります。
臨場感を生み出せれば内容に説得力を与えられるので、よりスピーチに集中してもらいやすくなるでしょう。

エピソードの感情を軸に、話に抑揚をつけたり適度な間を開けたりするのもポイント。
「彼女は……〇〇と言ってくれました!」といった形で緩急を入れるだけで、そのときのリアルな気持ちを聴き手に伝えやすくなります。
多少芝居っぽくなったとしても、その勢いが臨場感を生み出すきっかけになることもあるでしょう。

自身のオリジナルエピソードが嘘っぽくならないように、体験内容を話すときは専用の話し方を練習するのがおすすめです。

朝礼のネタ:3月は年度の変わる、「区切り」の時期

皆さんは何となく毎日を過ごしているなと感じたり、惰性で意味もなく続けていたりすることはありませんか。

年度が変わる3月はそういった無駄な継続を止めるきっかけになる、「区切り」の時期になります。
流れを区切ることは自分を成長させる結果につながるので、3月というキリの良いタイミングで一度生活を整理してみるのも大切です。

定期的に生活に区切りをつけることを習慣化すると、自分がどのような立場にいるのか、どういったことが足りていないのかといった「現状」を把握しやすくなります。
それは自分がやるべきことを見つけたり、マイナス部分を改善したりといった次の行動につなげられるのです。

さらに区切りをつけることで、新しいことにもチャレンジしやすくなります。
ついチャレンジすることを億劫に感じてしまう人も、3月という区切りの良い時期を利用することで、気持ちを奮い立たせるきっかけを得やすくなるでしょう。

私も3月になると、経験したことのない何かを試すようにしています。 それが続くかどうかはわかりませんが、チャレンジ精神を失わないための、良いきっかけになっていると感じています。

人生を変えるきっかけにもなり得る区切りですが、慣れていないと実際に区切りをつけるのが難しく感じられるかもしれません。

そんなときはまず時間で区切りをつけてみましょう。
1日、1週間、1ヶ月といった時間で行動を区切ると、気持ちを切り替えるタイミングが明確になります。
無駄な行動を修正しやすくなるので、とりあえず最初は時間で区切るのがおすすめです。
他にも目標の達成ごとに区切ったり、失敗を理由に区切りをつけたりするのもコツとなります。

途切れない毎日の中で生きていると、つい惰性で行動してしまうことは多くなります。
だからこそ、区切りをつけて生活にメリハリを与え、人生を充実させることを意識してみてはいかがでしょうか。

朝礼スピーチのコツ)「この人に聞かせたい」というターゲットを絞る

スピーチを語る際には、あらかじめ聞かせたいターゲットを絞るのがコツになります。

大勢の人たちに向けて朝礼スピーチを行うと、どうしても全ての人に正しくメッセージを伝えるのが難しくなり、場合によっては印象が薄くなる可能性があるでしょう。
そのため「今回の朝礼で特に伝えたい人」を設定して、スピーチの方向性を固めるのがおすすめです。

伝えるべき相手が明確になると話す内容をまとめやすくなり、スピーチのメッセージ性が深まります。

次のスピーチではまた違う人たちを対象に話を構成するのがポイント。
最終的に職場にいる人たち全員に何かしらのメリットを与えられるように、長期的な視点でスピーチのターゲットを設定してみましょう。

朝礼ネタで使える3月の記念日

朝礼スピーチのネタとして使える記念日が多いのも3月という季節の魅力です。 上記で紹介したネタに加えて、記念日を使ってスピーチを考えてみるのもおすすめされます。




3月の主な記念日

1日 – ビキニデー、労働法施行記念日、マーチの日、行進曲の日、豚の日
2日 – ミニチュアの日
3日 – 耳の日、民放ラジオの日、平和の日、桃の日、金魚の日、結納の日、サルサの日、サザンの日
4日 – 雑誌の日、ミシンの日、サッシの日、三線の日
5日 – 珊瑚の日、ミスコンの日、スチュワーデスの日
6日 – エステティックサロンの日、弟の日、スポーツ新聞の日、世界一周記念日、36(サブロク)の日
7日 – 消防記念日、警察制度改正記念日
8日 – 国際女性デー、ミツバチの日、エスカレーターの日、みやげの日、光の日、サバの日
9日 – 漁業法記念日、ありがとうの日、記念切手記念日、レコード針の日
10日 – 陸軍記念日、砂糖の日、佐渡の日、水戸の日、ミントの日、サボテンの日、農山漁村女性の日
11日 – コラムの日、パンダ発見の日、東日本大震災の日
12日 – サイフの日、モスの日
13日 – 青函トンネル開業記念日、気くばりの日
14日 – ホワイトデー、キャンデーの日、マシュマロデー、数学の日、国際結婚の日
15日 – 靴の記念日、オリーブの日
16日 – 国立公園指定記念日
17日 – 漫画週刊誌の日
18日 – 精霊の日
19日 – ミュージックの日
20日 – 動物愛護デー、上野動物園開園記念日、LPレコードの日、電卓の日
21日 – 催眠術の日、ランドセルの日、世界詩歌記念日
22日 – 放送記念日、国連水の日
23日 – 世界気象デー
24日 – 世界結核デー、マネキン記念日
25日 – 電気記念日
26日 – カチューシャの歌の日
27日 – さくらの日
28日 – シルクロードの日、三つ葉の日、スリーマイル島記念日
29日 – マリモの日
30日 – マフィアの日
31日 – 学校教育法公布記念日、エッフェル塔の日、オーケストラの日、経理の日




3月4日:雑誌の日

3月4日雑誌の日

「3(ざっ)」「4(し)」という語呂合わせを理由に、富士山マガジンサービスは3月4日を「雑誌の日」として制定しています。

雑誌を読んで知識を得ることをおすすめする記念日であり、雑誌という媒体に触れるきっかけとして機能するでしょう。

スピーチに利用する場合には、雑誌ならではの知識量や気軽さといったメリットを挙げて、購読することをおすすめする内容が考えられます。

他にも情報源が雑誌からネットなどに変わっている現代を参考に、情報を発見する難しさや楽しさを伝えるパターンもありです。
今でも雑誌という媒体が他に劣っているわけではないことを解説して、改めて情報源としての有用性に言及するのがコツになります。

最近はサブスクリプションで雑誌が読み放題になるサービスも増えているので、いくつか気になるサービスをチェックして雑誌を読むことの習慣化を促すこともスピーチのネタになります。 d




3月15日:靴の記念日

3月15日靴の記念日

日本靴連盟は3月15日を「靴の記念日」に制定しています。
1932年に作られたこの記念日は、1870年に実業家である西村勝三が日本初の西洋靴の工場を作ったことが由来です。

伊勢勝造靴場と名付けられた靴工場は日本人の足に合う靴を製作するために稼働し続け、跡地には靴業発祥の地の記念碑が建てられています。

靴の記念日をネタにしたスピーチでは、靴の重要性、仕事における靴の選び方、靴に関する名言などを軸に構成することができます。
普段何気なく使っている靴に対する小ネタを伝えつつ、その大切さに改めて触れるような内容が考えられるでしょう。
靴から派生してファッション全体の話をしたり、足のケアに言及したりといったことも可能です。

意外と話を広げやすいネタになるので、自分の興味のある方向に内容を膨らませていきましょう。

まとめ)3月の朝礼スピーチには季節ネタと記念日ネタを使おう!

3月の朝礼スピーチでは、春という季節ネタや各記念日を軸にしたネタが有効に使えます。
こちらで紹介したスピーチを参考にして、3月だから話すことができる内容を考えてみましょう。

3月は出会いや別れの季節でもあるので、職場にもメランコリーになる人が増える可能性があります。
憂鬱な気持ちを考慮して、アドバイスや心のケアを朝礼スピーチから実施することも検討してみましょう。

<スポンサーリンク>