「海外旅行に有給何日取れる?」──取得可能有給日数別、おすすめの海外旅行プラン

[最終更新日]2019/07/26

お役立ち情報
0

海外旅行に興味はあるけれど、中々一歩が踏み出せないという方多いのではないでしょうか。ある程度、自由に有給が取得できるようになったからこそ海外旅行はとてもおすすめ。少し長く有給を取得して、日常を忘れ海外でゆっくり優雅なひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

今回は、初めて有給を使って海外旅行に行く方への注意ポイントと、有給取得日数に合ったおすすめプランをご紹介していきます。海外で最高の景色やグルメ、経験があなたを待っています。ぜひ参考にしてみてください。

Index

目次



はじめに|はじめて有給を活用して海外旅行に行く方が、注意すべきポイント

はじめて有給で海外旅行!注意しておきたいポイント・必要な日数を確認する・取得日が他の社員と被らないように注意・渡航先の情報を事前に調べておく・自分がいない間の仕事の事前準備「せかっくの楽しい海外旅行。職場への後ろめたさなく出発したいですね!」

まず、はじめに有給を使って海外旅行に行く方に事前に注意してほしいポイントについて、いくつかご紹介をしていきます。ポイントを前もって押さえておくことで、海外旅行の詳しい計画が立てやすくなるのは勿論、後ろめたさをなるべく感じずに有給を取得することも可能です。

ポイント1つ1つを詳しい解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 行きたい国に行く上で必要な日数を確認する
  • 職場の人間と取得する日にちを避ける
  • 渡航前の情報を事前に調べておく
  • 旅行前の仕事の事前準備

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

行きたい国に行く上で必要な日数を確認する

海外旅行に行く場合、渡航先によっては距離が遠く機内泊もあるなど予想以上に日にちが掛かってしまうことも。

自分がまとめて取得できる有給を考え、自分の行きたいと考えている国に行くにはどの程度日にちがいるのか、現地でゆっくり過ごすには何日間必要なのか、など必要な日数を事前に確認することが大切です。これは、旅行先を決定するのには勿論、旅行先での計画を立てていく上でもとても重要といえます。

職場の人間と取得する日にちを避ける

同じ職場の人間が、同じ日にちで有給を取得し休んでしまっては仕事がうまく進みません。その分、周りの方々への負担が増えてしまい迷惑が掛かってしまうことも。仕事だけでなく、職場の人間関係にも影響を及ぼす恐れが十分考えられます。

その様なことがないよう、周りの方々とも調整を行いながら有給の取得日数・日にちを決めていくことが大切です。また、調整をしていくことによって、周りの方が有給を取得しやすくなることにも繋がるでしょう。

渡航先の情報を事前に調べておく

治安や現地の情報などを、事前に詳しく調べておきましょう。これは、渡航先を決める・現地での予定を計画する上でとても大切な事といえます。

折角有給を取得して海外旅行に行こうとしたのにも関わらず、行けなくなってしまうのはとても悲しいもの。お金もとても勿体ないです。ガイドブック・インターネットなどを使って、情報収集は必ず忘れずに行うようにしましょう。

旅行前の仕事の事前準備

旅行中に起きてしまった仕事のトラブルに対してどう対応すればよいのか、など自分がいない間の仕事について職場の方々と相談・準備をすることが大切です。

特に、海外旅行の場合常に携帯を見ているということは少なく、時差の関係もあってすぐには連絡がつかないということも十分に考えられます。仕事に迷惑を掛けない為にも、事前準備をしっかりと行い海外旅行を楽しみましょう。帰ってきた後のお礼も、忘れずに。

3~4日間の有給が取得できる方におすすめの、海外旅行プラン

おすすめ#1 グアム

東京から、約3時間半のフライトで行くことができるグアム。飛行時間が短いので、機内泊もなく渡航先に長い間滞在することが可能。時差は、+1時間なので帰国後に時差に苦しむという心配もとても少なく安心です。

綺麗なビーチでマリンアクティビティを楽しむのは勿論、ショッピングやグルメ、観光など楽しみ方は様々。3~4日間のお休みであれば、1日はホテルのプールでゆっくりした後におしゃれなディナー、2.3日は観光・ショッピングなどグアムを満喫というのも良いでしょう。

移動には便利な「赤いシャトルバス」がおすすめ。「赤いシャトルバス」を使用すれば、気軽に色々な場所に行くことができます。乗り放題の券も発売されています。

グアムは、こんな人におすすめ

  • 気軽に海外に行きたい
  • 時差の影響をあまり受けたくない
  • 暖かい気候が好き 
  • レンタカーを借りずに移動したい

おすすめ#2 台湾

台湾へは、東京から約4時間のフライトで行くことができ、時差は-1時間。グアム同様、帰国後の時差による苦しみを心配することなく旅行することが出来ます。治安も良いので、安心して過ごすことが可能。とはいうものの、海外にいるという意識を持つことは大切です。

小籠包・餃子・かき氷など、他にも美味しいグルメが沢山。夜市で、屋台を楽しむのもおすすめです。食をメインとして、旅行計画を立てるのも良いでしょう。

また、美しい歴史的建造物をはじめショッピングやお買い物など観光スポットが多く、見どころ満載。マッサージ店も多くあるので、日頃の疲れを癒すのも良い過ごし方といえます。

台湾は、こんな人におすすめ

  • アジア圏を観光したい
  • 美味しいグルメが沢山食べたい
  • 歴史的建造物に関心がある
  • 渡航先で安心して過ごしたい

5~6日間の有給が取得できる方におすすめの、海外旅行プラン

おすすめ#3 オーストラリア

約8~9時間(到着地:シドニー)のフライトで行くことができるオーストラリア。+1時間の時差があり、サマータイム時には+2時間になります。日本と季節が逆になり地域によっても気候が変わってくるので、洋服の準備の際には注意をしてください。

場所によっては到着する空港も変わってくるので、オーストラリアに行く際は先に行きたい都市・目的を決めるのが良いでしょう。ビーチでのんびり過ごすのは勿論、ショッピングや動物との触れ合いなどその場所によって過ごし方もさまざまです。

また、オーストラリアに行ったら、ぜひ行って欲しいのがウルル(エアーズロック)。登山も可能ですが、天気によっては封鎖されている場合もあり2019年10月26日から登山が禁止になります。

オーストラリアは、こんな人におすすめ

  • 寒い季節は暖かい国に行きたい
  • 動物が大好き
  • 大自然を楽しみたい
  • 遠出はしたいが時差ボケは嫌だ

おすすめ#4 シンガポール

直行便で、約7時間のシンガポール。時差は、-1時間とフライト時間が長いにも関わらず時差が少ないのは嬉しいこと。オーストラリアと同様、「遠い国に行きたいけれど時差ボケは嫌だ・・」という方にはおすすめでしょう。

シンガポールといえば、有名なのがマーライオン。一緒にポーズを撮りながら記念写真を撮って、思い出をばっちり残しましょう。「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」で楽しく散策も良いでしょう。

日中の姿も良いですが、夜のショーでは幻想的な空間が広がります。また、夜までしっかり楽しむという点においては、ナイトサファリもとてもおすすめ。一般の動物園では、中々見ることの出来ない夜の動物の姿を見ることが出来ます。

シンガポールは、こんな人におすすめ

  • 夜までがっつり楽しみたい
  • 日本では中々出来ない体験がしたい
  • 綺麗で良い写真が沢山撮りたい
  • 安心して外を出歩きたい

7日以上の有給が取得できる方におすすめの、海外旅行プラン

おすすめ#5 ハワイ

東京から直行便を使って行きに約7時間、帰りに約9時間のハワイ。時差は-19時間と激しく、帰国後は時差ボケに悩まされるという方もいらっしゃいます。

機内で過ごす時間が長いので、リラックスできる環境を作ることが大切です。機内泊があり、日にちによっては滞在時間が短くなってしまうので、7日以上の有給が取得できる方がハワイを思いっきり満喫できるでしょう。

リピーターがとても多いハワイ。美しいビーチでのんびり過ごしたり、観光地・グルメを巡ったりするのも良いでしょう。バスを使って移動することも可能ですが、自由に色々なところに行きたいという方にはレンタカーがおすすめ。ただし、左ハンドルには注意です。

ハワイは、こんな人におすすめ

  • 美しいビーチでのんびり過ごしたい
  • 時差ボケに強い
  • 色々な場所を巡りたい
  • 温暖な気候で過ごしたい

おすすめ#6 カナダ

約9時間(到着地:バンクーバー)と、長時間フライトのカナダ。時差は-17時間で、サマータイム時には-16時間となります。ハワイと同様、機内での過ごし方はとても大切。初日から活発的に活動する為にも、機内でなるべく疲れ・ストレスをため込まないよう対策を取りましょう。

世界で2番目の広さをもつカナダは、ナイアガラ滝やカナディアンロッキー、イエローナイフでオーロラ鑑賞など広大な美しい自然の観光スポットが多く存在し、大自然を全身で感じることが出来ます。観光の場合、個人ではなく現地でツアーに申し込んで色々な場所を巡るのがおすすめです。

また、都市によっても雰囲気が変わりとっても素敵。とにかく広いので、事前に行きたい観光地・都市を決めてから観光するのが良いでしょう。

カナダは、こんな人におすすめ

  • 日本から遠い国へ行ってみたい
  • 美しい自然を沢山鑑賞したい
  • 渡航先では活発的に活動したい
  • メープルシロップが大好き

まとめ) 有給を取得して海外旅行を満喫しよう

いかがだったでしょうか。

今回は、有給を使って海外旅行に行く方に注意してほしいポイントとおすすめプランについてご紹介しました。

バリバリ働く中でも、リフレッシュはとても大切です。折角の機会、海外に足を運んでみるのはいかがでしょうか?周囲への配慮を忘れず、ご紹介した各ポイントを押さえながら有給を取得し海外旅行を思いっきり満喫しましょう。

<スポンサーリンク>



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー