管理職体験談:「手に負えない」と匙を投げかけた女性社員が、私にいじめられていると勘違いして……。

[最終更新日]2019/06/28

体験談
0
まるで手に負えない新入社員、「関わりたくない」と思って、遠巻きに眺めていた。

旅行会社の事務をしています。

数年前に、管理職クラスに昇進しました。

ちさこさん(女性 36歳)
職業
旅行会社
職種
事務職
年収
400万円
従業員規模
100人
地域
神奈川県

Index

目次

管理職としての私の仕事。

仕事の内容は、伝票管理やデータの管理、会社と関連会社とのやり取りで発生する資料作成などです。
その他にも、管理職として部下の育成にも力を入れています。

事務職はほとんどデスクワークが主で、一日中数字やデータを入力し続けるような作業です。
地味な仕事だとは思いますが、もともとインドアな性格の私には、こうした作業は向いているとも感じています。

部下から好かれる上司」を目指したいと思っていましたが、
いざ管理職になってみると、部下のミスというのは必要以上に目についてしまい、
また、部下のミス=上司である私のミスでもあるので、部下の失態には心を鬼にして叱ることも大切だと思っています。

部下に好かれているかどうかは、正直言って分かりません……。

厄介な新入社員登場。

管理職になってしばらくが経ったとき、私の部署に新入社員の女の子が入ってきました。

この子が少し厄介な存在で、それはそれは手を焼きました。

スーツは着崩していますし、まともな敬語も使えない。髪もネイルも派手な色で。
おまけにある朝突然に「今日は体調悪いんで休みます」と、素っ気ないメールを一通送ってきたり。

これはさすがに、私が雷を落とさなければ、と思っていたのですが、
同僚がこっそり耳打ちで

同僚

「新入社員の子、役員の知り合いの娘さんらしいよ」

と聞きました。
まぁ、いわゆる「コネ入社」というやつですね。

「そんなの関係ない!」と言えれば良かったんですけど、私も雇われの身です。
あまり厳しい対応をすることができなくて、何とも歯切れの悪いまま、遠巻きに彼女を眺めているような状態でした。

その距離の取り方が悪かったんですね、彼女は私にいじめを受けていると思ったらしく。
ある時、役員室に呼ばれ、

役員

「〇〇さん(新入社員の子)から、あなたにいじめを受けていると報告を受けたんだけど」

と問い詰められてしまいました。
彼女もその日は「ショックで」休んでしまったとかで……。

なんとか誤解は解けましたが、コミュニケーションの不一致から来るこのような問題は、
なるべく起こさないようにしようと、認識を改めるきっかけとなりました。

私もかつては同じ立場だったからこそ。

思えば私が新入社員だった頃だって、周りの先輩たちがみんな立派な大人に見えて、
その中でどううまくやっていこうと、戦々恐々だったわけです。

その彼女も、見た目こそ派手でしたが、内心は馴染めるかどうか不安だったのかもしれません。
その点は、勘違いさせてしまうような態度を取ってしまったことを、とても反省しています。

これでは余計な誤解ばかりを与えてしまうし、何より本人の成長にも繋がらないと思い、
以降は口うるさく思われようが、きちんと相手に伝えるようにしました。

しかし、ただ悪い部分を指摘するだけでは、本人のモチベーションも下がるでしょう。
きちんと良い点と悪い点のメリハリを考えて注意するよう心がけました。

<スポンサーリンク>



管理職=憎まれ役?

女性はたとえ通勤服であっても、オシャレに気を遣うと思います。
同じ女性だからこそ、彼女の気持ちも分かります。

しかし、プライベートのルールを仕事場に持ち込むことは、時として周囲の風紀を乱すこともあるのです。
その点は彼女にしっかりと伝えたつもりです。

また、注意した以上自分も嫌われる覚悟をしなければいけないのだと思いました。
私も管理職になる前は、同僚と上司の悪口を言って盛り上がったものです。
管理職はある程度の「憎まれ役」になる覚悟も必要なのだと思います。

だからと言って、開き直って「部下にどんなことでも言いたいことを言う」そんな管理職にはなりたくありません。
自由にさせてあげられる範囲は、なるべく部下の自由を尊重したいと思っています。

今後、私が目指したいこと。

管理職は正直言って、損な役回りです。

ストレスの割には給料も少ないですし……。

ただ、管理職になったことで私自身もずいぶんと図太くなったというか、
打たれ強い人間にはなったかなと思います。

問題の彼女も、まだ敬語は怪しい部分もありますが、
服装は問題の無い範囲で遊んでいるようですし、
とりあえず、きちんと伝えれば聞いてくれる子なんだとは思います。

これからも良好な関係を保っていきたいものです。

<スポンサーリンク>